MD.WEBLOG

長野県飯田市、フリーランス、ウェブデザイン、ホームページ制作、CMS構築、映像制作、エディトリアルデザイン - MITAMA DESING -

Go To Home

Blog

blogトップ > WordPress > 「WP-DBManager」で WordPress の管理画面からデータベースをバックアップ【使い方】


「WP-DBManager」で WordPress の管理画面からデータベースをバックアップ【使い方】

 2012年11月11日   タグ: , ,

「WP-DBManager」で WordPress の管理画面からデータベースをバックアップ【使い方】
WordPress をはじめ、CMSでサイト管理を行う場合、データベースのバックアップは最低限とっておきたいところです。 「phpMyAdmin」を使用するのも良いですが、大本のデータベースだけに慎重にならざる終えないですし、「phpMyAdmin」に慣れていないともしも失敗したらと心配になるかもしれません。WordPress のプラグインの中には管理画面から簡単にデータベースのバックアップを行えるものがあります。今回はそんなプラグイン「WP-DBManager」の使い方を紹介します。

「WP-DBManager」をWordPressにインストール

「WP-DBManager」をインストールして、有効化しましょう。

WordPress のプラグインをインストールする方法

「WP-DBManager」ダウンロードはコチラ

「.htaccess」ファイルを移動する

「WP-DBManager」 をインストールして有効化すると、WordPress の管理画面に以下のようなメッセージが表示されます。

この警告は、

「.htaccess」ファイルを 「wp-content/plugins/wp-dbmanager」フォルダから「wp-content/backup-db」フォルダに移動しなさい。

という意味です。

早速、「wp-content/plugins/wp-dbmanager/htaccess.txt」を、「wp-content/backup-db」フォルダ内に移動して、ファイル名「.htaccess」に変更します。 これで「WP-DBManager」 が使える状態になりました。

管理画面のメニューに「Database」という項目が追加れています。

「WP-DBManager」を日本語化する。

「WP-DBManager」を日本語化します。以下より日本語化パッチをダウンロードして解凍し、「wp-dbmanager-ja.mo」と「wp-dbmanager-ja.po」を、「wp-content/plugins/wp-dbmanager」フォルダにアップロードします。 これで、「WP-DBManager」が日本語表示になります。

「WP-DBManager」でデータベースのバックアップ

管理画面「DBManager」メニュー → 「バックアップ」をクリックしてください。

以下のような画面がでてきます。

画面下の「バックアップ」ボタンをクリックすると、「wp-content/backup-db」フォルダに、データベースがバックアップされます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

  |  Blog TOP   |