MD.WEBLOG

長野県飯田市、フリーランス、ウェブデザイン、ホームページ制作、CMS構築、映像制作、エディトリアルデザイン - MITAMA DESING -

Go To Home

Blog

blogトップ > WordPress > これは便利!「AddQuicktag」で WordPress の更新作を効率化!【使い方】


これは便利!「AddQuicktag」で WordPress の更新作を効率化!【使い方】

 2012年11月10日   タグ: , ,

これは便利!「AddQuicktag」で WordPress の更新作を効率化!【使い方】
日々更新作業をしていると、デフォルトのエディタでは、色々を不便なことがあり、こだわっていると案外時間がかかってしまうものです。WordPress の更新作業をとにかく効率化したい!そんなときには「AddQuicktag」の出番です。

「AddQuicktag」は、自分独自のスタイルや定型文などを、あらかじめ設定・登録しておくことで、ボタン一つで挿入することが出来るようにするプラグインです。

「AddQuicktag」をWordPressにインストール

「AddQuicktag」をインストールして、有効化しましょう。

WordPress のプラグインをインストールする方法

「AddQuicktag」ダウンロード

「AddQuicktag」の使い方【基本編】

管理画面 > 設定 > AddQuicktag をクリックして、「AddQuicktag」の設定画面を開きます。

以下がが設定画面です。

エディタに追加したいタグを入力して、「変更を保存」をクリックするだけです。

例として、addressタグ を入力するボタンを作成しました。

投稿エディタを開いて確認してみてください。

「AddQuicktag」の使い方【応用編】

定型文を挿入する

例えば、エントリーの最後に毎回、定型文を入れているような場合にその定型文をボタンで一発で挿入します。 以下の画像のように設定すれば、「文末」ボタンをクリックするだけで定型文を挿入できます。

プラグイン「SyntaxHighlighter Evolved」と併用して、Code を一発で挿入

「SyntaxHighlighter Evolved」は、ソースコード入力を簡単にしてくれるプラグインです。

「SyntaxHighlighter Evolved」の使い方に関しては、●●●を参照してください。

その後、エディタを開くと、先ほど自分で設定したものが、ボタンとして追加されています。 これで、毎回面倒な入力をすることなく、サクッと更新作業が行えます。「コード(CSS)」ボタンで簡単に挿入できます。

実際に「SyntaxHighlighter Evolved」でコードを挿入した画面です。とてもキレイで見やすいですね!

その他にも、工夫次第で、色々な使い方が出来そうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

  |  Blog TOP   |