MD.WEBLOG

長野県飯田市、フリーランス、ウェブデザイン、ホームページ制作、CMS構築、映像制作、エディトリアルデザイン - MITAMA DESING -

Go To Home

Blog

blogトップ > WordPress > 【WordPress】絶対にオススメのワードプレスプラグイン!!


【WordPress】絶対にオススメのワードプレスプラグイン!!

 2012年10月29日   タグ: , ,

【WordPress】絶対にオススメのワードプレスプラグイン!!
ブログツールとして、世界的シェアを誇るWordPressですが、企業サイトの制作においても大変重宝します。 様々なブロガーさんが、色々なプラグインを紹介されていますが、自分のサイトを制作するにあたって、実際に使用してみて、これは特にオススメ!というものをいくつが紹介します!

本エントリーは、随時、追加更新していきます。

また、各プラグインの使い方に関しても、随時UPの予定です。

それでは、早速いってみましょう!

AddQuicktag

エントリーの投稿時に、定型文を挿入してくれるボタンを設置できるプラグインです。HTMLタグや、特定のコード、加えて、自分の好きなタグや定型文をボタンとして設置することができます。頻繁に使用するHTMLタグやCSSタグを登録しておけば、とても便利です。もうこれがないと、エントリーの投稿をしたくないくらいオススメです!

「AddQuicktag」のダウンロードはコチラ

これは便利!「AddQuicktag」で WordPress の更新作を効率化!

Advanced Custom Fields

WordPress 標準のカスタムフィールドは、テキストでしか値を入力できませんが、 「Advanced Custom Fields」を導入すれば、さまざまな種類のカスタムフィールドを簡単にを作成出来ます。 また、作成したカスタムフィールドを、投稿だけに表示したり、固定ページだけに表示したりと、とにかく気の利いたプラグインです。 こちらも「AddQuicktag」同様、必須のプラグインです。

「Advanced Custom Fields」のダウンロードはコチラ

「Advanced Custom Fields」でカスタムフィールドを自由にカスタマイズ!【使い方】

Akismet

WordPress 標準でインストールされているコメントスパム対策プラグインです。使用するにはAPIキーを取得する必要があります。

「Akismet」のダウンロードはコチラ

「Akismet」でWordPressのコメントスパム対策を!【使い方】

All in one Favicon

wordpressの管理画面から、簡単に Favicon を設置できるプラグインです。使用できる Favicon の拡張子はicon,png,gif,Apple touth icon以上4種類です。また、管理画面にも、ブログとは別の Favicon を設置できるのが便利です。

「All in one Favicon」ダウンロードはコチラ

「All in one Favicon」でWordPressの管理画面から簡単にファビコン(favicon)を設置

All in One SEO Pack

ワードプレスでのサイト制作において、SEO対策には必須のプラグインです。All in One SEO Packは、SEOプラグインの中では定番中の定番です。記事やページのタイトルを個別に変更したり、説明文やキーワードも簡単に個別設定することができます。

「All in One SEO Pack」のダウンロードはコチラ

「All in One SEO Pack」でWordPressのSEO対策を!【使い方】

brBrbr

ワードプレスでは、記事を投稿するとき、2行以上の改行はできないので、投稿時に1行分に自動で修正されてしまいます。この一行が文章の読みやすさにつながったりするものです。「brBrbr」は、改行した分だけスペースを空けるようにしてくれるプラグインです。

「brBrbr」のダウンロードはコチラ

Broken Link Checker

「Broken Link Checker」は、ワードプレス内のリンクを検知して、「リンク切れ」がないかどうかをチェックしてくれるプラグインです。

「Broken Link Checker」のダウンロードはコチラ

category order

ワードプレスのデフォルトのカテゴリー機能を使用していて、表示の順番を自由に変更したいと思ってことはありませんか。そんな時に管理画面でドロップドラッグで簡単に自由に順番を変更出来るプラグインです。

「category order」のダウンロードはコチラ

「Category Order」で WordPress のカテゴリーの順番を簡単に並び替え

Contact Form 7

ワードプレスのメールフォーム設置の定番プラグインです。お問い合わせを受けるタイプのホームページを作るなら必ずインストールしたいプラグインです。設定も簡単で、とても重宝します。

「Contact Form 7」のダウンロードはコチラ

Custom Permalinks

こちらも、定番中の定番です。ページや投稿を任意のURLにできるプラグインです。デフォルトのパーマリンク設定では、特定の投稿のみ、違うルールでパーマリンクを設定することができませんが、このプラグインを導入すれば、パーマリンクの設定は自由自在です。

「Custom Permalinks」のダウンロードはコチラ

「Custom Permalinks」でWordPressのパーマリンクを自由に設定する【使い方】

Duplicate Post

「Duplicate Post」は、記事を複製する機能を追加するプラグインです。ワードプレスを使って商品カタログサイトを制作したときなど、 同じ形式のページを大量に投稿しなくてはいけない場合もあります。そんな時に、とても便利です。

「Duplicate Post」のダウンロードはコチラ

Exec-PHP

ワードプレスのデフォルトでは、投稿欄でPHPを動作させることができません。「Exec-PHP」は、投稿欄でもPHPを動作するようにするプラグインです。特殊な機能を、特定のページだけ、PHPで実装するといったとが可能になります。

「Exec-PHP」のダウンロードはコチラ

php code widget

ワードプレスのデフォルトでは、投稿欄同様、ウィジェットでも、PHPを動作させることができません。「php code widget」は、ウィジェットでもPHPを動作するようにするプラグインです。

「php code widget」のダウンロードはコチラ

「php code widget」と「Widget Logic」でWordPressのウィジェット機能を最大限に活用する【使い方】

Google Analytics Dashboard

アクセス解析の定番、Google Analytics をダッシュボードに表示するプラグイン。簡単にアクセスを確認するには、便利ですが、細かい解析が必要な場合は、やはり本体にログインが必要だと思います。

「Google Analytics Dashboard」のダウンロードはコチラ

Google XML Sitemaps

「Google XML Sitemaps」は、Google、Yahoo、MSN用のサイトマップを自動で作成してくれるプラグインです。SEOを考えるなら、必須のプラグインだと思います。導入しておいて損はないプラグインです。

「Google XML Sitemaps」のダウンロードはコチラ

Maintenance Mode

公開中のサイトに手を入れるときなどに、メンテナンス中画面を表示させたいこともあると思います。そんなときに「Maintenance Mode」を導入することで、簡単にメンテナンス中画面を表示することができます。管理画面にログインしていれば、通常通りにサイトを確認することができます。

「Maintenance Mode」のダウンロードはコチラ

「WP Maintenance Mode」で WordPress で簡単にメンテナンス画面を表示

Redirection

ページの公開アドレスを変更した時などに、管理画面から簡単に、リダイレクトをかけることができます。公開済みのサイトを改築する場合などに、力を発揮しそうです。

「Redirection」のダウンロードはコチラ

「プラグイン「Redirection」でWordPress管理画面から簡単に301リダイレクトを設定【使い方】

SyntaxHighlighter Evolved

技術系のブログを運営している場合などに、抜群の効力を発揮します。エントリーにソースコードなど簡単に表示することができるので、 先に紹介した、「AddQuicktag」と組み合わせることで、ボタン一つで、ソースコードを入力することができます。技術系ブログには必須のプラグインです!

「SyntaxHighlighter Evolved」のダウンロードはコチラ

「SyntaxHighlighter Evolved」でWordPress投稿時にソースコードを簡単ハイライト!【使い方】

Widget Logic

WordPressのウィジェット機能を使うときに、ウィジェットの表示を条件分岐できるようにするプラグインです。「このバナーは、固定ページでは表示したくない」そんな時にとても便利です。

「Widget Logic」のダウンロードはコチラ

「php code widget」と「Widget Logic」でWordPressのウィジェット機能を最大限に活用する【使い方】

WP-DBManager

phpMyAdminにアクセスしないでも、WordPressの管理画面から、データベースのバックアップが出来るようなります。phpMyAdminに不慣れな方などは、「WP-DBManager」でバックアップをとるのもいいかもしれません。

「WP-DBManager」のダウンロードはコチラ

「WP-DBManager」で WordPressの管理画面からデータベースをバックアップ

WP-PageNavi

こちらも定番中の定番プラグインで、簡単にページネーションを挿入することができます。下記に紹介する「Wp Pagenavi Style」を導入することで、お好みのデザインに変更することが可能です。

「WP-PageNavi」のダウンロードはコチラ

Wp Pagenavi Style

先に紹介した「WP-PageNavi」のデザインを変更できるプラグインです。 数種類のデザインの中からお好みのデザインを選択しましょう!

「Wp Pagenavi Style」のダウンロードはコチラ

WP Social Bookmarking Light

今やブログやサイトで情報発信をする上で必須となった感のある、SNS関連の各種ボタンですが、 実際に、導入するときは、意外と手間だったりします。「WP Social Bookmarking Light」を導入することで、ボタン導入の手間が大幅に軽減されます。今の時代には、必須のプラグインといえると思います。

「WP Social Bookmarking Light」のダウンロードはコチラ

WPLite

ダッシュボードのサイドパネルの項目を非表示にする事が出来るプラグインです。クライアント側で、エントリーを投稿したり運営をするとき等に 運営には関係ない項目、触ってほしくない項目などもあると思います。そういったときには、「WPLite」で、不必要な項目は非表示にしましょう。

「WPLite」のダウンロードはコチラ

「WPLite」でWordPress管理画面の項目をカスタム 【使い方】

本エントリーは、随時、追加更新していきます。

また、各プラグインの使い方に関しても、随時UPの予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

  |  Blog TOP   |