MD.WEBLOG

長野県飯田市、フリーランス、ウェブデザイン、ホームページ制作、CMS構築、映像制作、エディトリアルデザイン - MITAMA DESING -

Go To Home

Blog

blogトップ > WordPress > 「WPLite」でWordPress管理画面の項目をカスタム 【使い方】


「WPLite」でWordPress管理画面の項目をカスタム 【使い方】

 2012年11月11日   タグ: , ,

「WPLite」でWordPress管理画面の項目をカスタム 【使い方】
ダッシュボードのサイドメニューの項目を非表示にする事が出来るプラグインです。クライアント側で、エントリーを投稿したり運営をするとき等に 運営には関係ない項目、触ってほしくない項目などもあると思います。例えば、「テーマ」を触られてデザインが崩れては困るなどといったときには、「WPLite」で、不必要な項目は非表示にしましょう。

「WPLite」をWordPressにインストール

「WPLite」をインストールして、有効化しましょう。

WordPress のプラグインをインストールする方法

「WPLite」ダウンロードはコチラ

「WPLite」の使い方

「WPLite」をインストールして有効化すると、WordPress の管理画面の「設定」に「WPLite」が追加されるのでクリックします。 あとは、非表示にした項目をチェックして、「保存」。たったこれだけです。

「保存」ボタンの隣の、チェックボックスは、「サイト管理者でログインした時は、全項目を表示」という意味です。クライアントには、編集者アカウントを発行して、「WPLite」で余計な項目は非表示、サイト管理者である自分は、全項目をいつも表示にしておくと余計なトラブルを避けれるのではないでしょうか。

一つだけ注意!

「WPLite」で、「設定」を非表示にしてしまった場合は、「WPLite」で表示非表示を設定着なくなってしまいます。そのときはブラウザの戻るボタンで、戻って設定しなおすか、FTPでサーバから、「WPLite」を丸々削除するしかなくってしまいますので ご注意ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

  |  Blog TOP   |